読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

横山祐太の受験から定期テストまで高得点を取る方法や参考書を紹介するブログ

横山祐太と申します。 中高生やその親御さんに向けて勉強に役に立つ記事を書いています。 月額1200円で行えるインターネット学習塾を開いていますhttp://rebirthday.biz/勉強ができる環境があれば得点は必ず伸びる。だからこそ頑張っています。

室町時代の文化史・前編 センターと私大日本史B・中世で高得点を取る!

目次

Ⅰ建築 

Ⅱ絵画 

Ⅲ芸能・芸術

連歌

Ⅴ覚えてほしい図表

 

f:id:yokoyamayuta719:20170211133342p:plain

 

室町文化の時代分類

南北朝文化南北朝の対立があった時代

北山文化:3代将軍足利義満を中心とする時代

南山文化:8代将軍足利義政を中心とする時代

戦国時代の文化:戦国時代

 

Ⅰ建築

北山文化

金閣(きんかく)(鹿苑寺(ろくおんじ)) 足利義満が創建

東山文化

銀閣(ぎんかく)(慈照寺(じしょうじ)) 足利義政が創建

 東求堂同仁斎(とうぐどうどうじんさい):慈照寺の中にある書斎

枯山水(かれさんすい)の庭園

 龍安寺(りゅうあんじ)や大徳寺大仙院(だいとくじだいせんいん)の庭園が有名

 

Ⅱ絵画

水墨画について

水墨画臨済宗の僧侶が考案した

画家は臨済宗の僧侶です

 

北山文化

瓢鮎図(ひょうねんず)を描いた如拙(じょせつ)

明兆(みんちょう)・周文(しゅうぶん)などがあげられる

 

東山文化

雪舟(せっしゅう)によって水墨画が大成した

 

水彩画以外の絵画は東山文化以降に活躍します

土佐派(とさ):大和絵の一派

狩野派(かのう):水墨画大和絵の融合

 

Ⅲ芸能・芸術

北山文化

猿楽能(さるがくのう):足利義満の保護を受けて発展する

観阿弥(かんあみ)世阿弥(ぜあみ)父子:猿楽能を大成させた

 風姿花伝(ふうしかでん)=世阿弥が能の神髄を書いた書

大和猿楽四座(やまとさるがくしざ)=観世座(かんぜざ)・宝生座(ほうじょう)・金春座(こんぱる)・金剛座(こんごう)

 観阿弥世阿弥がいたのは観世座

能の合間には狂言(きょうげん)が演じられた

 

東山文化

侘茶(わびちゃ)

村田珠光(むらたじゅこう)が始める

戦国時代の武野紹鷗(たけのじょうおう)が受け継いだ

桃山時代の千利休(せんのりきゅう)がそれを引き継ぐ

 

小歌集:閑吟集(かんぎんしゅう)

 平安末期梁塵秘抄(りょうじんひしょう)と混同しないようにしてください。

 

 盆踊りの元になった風流(ふりゅう)踊り

 戦国武将などにもてはやされた幸若舞(こうわかまい)

 

連歌

南北朝時代

二条良基(にじょうよしもと):連歌の基礎を確立した人物

菟玖波集(つくばしゅう)=連歌

応安新式(おうあんしんしき)=連歌の規則書

 

東山文化

宗祇(そうぎ)

新撰菟玖波集(しんせんつくばしゅう)を編集

 

宗鑑(そうかん) 俳諧連歌が得意

犬筑波集(いぬつくばしゅう)を編集

 

Ⅴ覚えてほしい図表

金閣(鹿苑寺)

銀閣(慈照寺)

秋冬山水図(雪舟の作)

瓢鮎図(如拙の作)

 

使ってほしい参考書と問題集はこちらです

 

見てほしい記事

 

質問があればコメント欄かSNSにお願いします

友だち追加

 

勉強の相談も無料で受け付けているので気軽に連絡してくださいね