読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

横山祐太の受験から定期テストまで高得点を取る方法や参考書を紹介するブログ

横山祐太と申します。 中高生やその親御さんに向けて勉強に役に立つ記事を書いています。 月額2000円で行えるインターネット学習塾を開いていますhttp://rebirthday.biz/勉強ができる環境があれば得点は必ず伸びる。だからこそ頑張っています。

室町時代の経済 センターと私大日本史B・中世で高得点を取る!

目次

室町時代の産業

室町時代の商業

室町時代の金融

室町時代の農村

 

f:id:yokoyamayuta719:20170211132754p:plain

 

室町時代の産業

二毛作(にもうさく)が東日本にも普及する

 鎌倉時代は西日本のみ

 地域によっては三毛作も始まる

品種改良:早稲(わせ)、中稲(なかて)、晩稲(おくて)といった品種ができる

肥料として下肥(しもごえ)が一般的になる

商品作物が作られ始める 漆や茶など

 

室町時代の商業

定期市が月6回開かれる=六斎市(ろくさいいち)

 鎌倉時代三斎市

見世棚(みせだな)の一般化:常設の小売店舗のこと

行商人の誕生:連雀(れんじゃく)商人振売(ふりうり)

女性の商人:大原女(おはらめ)や桂女(かつらめ)

 

運送業

 馬借(ばしゃく)馬に荷物を運ばせる

 車借(しゃしゃく):牛に車を引かせる

 廻船(かいせん):船で荷物を運ぶ

 

同業者組合

:同業者組合のこと

座衆:座のメンバー

座役:本所に支払う営業税

 代わりに本所から独占販売権や関銭の免除といった特権をもらう

 

室町時代の金融

室町時代の貨幣

明から輸入された明銭(みんせん)が普及

 永楽通宝(えいらくつうほう)は覚えて下さい

 ほかにも宣徳通宝(せんとくつうほう)・洪武通宝(こうぶつうほう)もあります

 宋銭や元銭も流通していた

 

撰銭令(えりぜにれい)について:経済発展が要員

私鋳銭やびた銭などの悪銭の増加

 私鋳銭(しちゅうせん)=民間で鋳造された貨幣

撰銭を行って悪銭を避ける行為が増加

 お金を受け取るかどうかを巡ってトラブルが増加

撰銭令が出される

 撰銭を制限する法律

 

金融業者の出現

土倉(どそう)酒屋などが金融業を営む

 鎌倉時代借上が行っていた

 

室町時代の農村

惣村)=農民が自治を行う集落

 指導的立場の農民:おとな沙汰人(さたにん)

惣百姓(そうひゃくしょう)=惣を形成する農民

寄合(よりあい)=惣の会議

惣掟(そうおきて)=惣でのきまり

地下検断(じげけんだん)=村民自らが警察権を行使すること

地下請(じげうけ)=年貢を惣村単位で請負うこと

地侍(じざむらい)=村の自衛のために守護の家臣となった農民

 

使ってほしい参考書と問題集はこちらです

 

見てほしい記事

 

質問があればコメント欄かSNSにお願いします

友だち追加

 

勉強の相談も無料で受け付けているので気軽に連絡してくださいね