読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

横山祐太の受験から定期テストまで高得点を取る方法や参考書を紹介するブログ

横山祐太と申します。 中高生やその親御さんに向けて勉強に役に立つ記事を書いています。 月額1200円で行えるインターネット学習塾を開いていますhttp://rebirthday.biz/勉強ができる環境があれば得点は必ず伸びる。だからこそ頑張っています。

室町時代の外交 センターと私大日本史・中世で高得点を取る!

目次

Ⅰ元との貿易

Ⅱ明と朝鮮の建国

Ⅲ明との貿易

Ⅳ朝鮮との貿易

琉球蝦夷地との交易

 

f:id:yokoyamayuta719:20170211012453p:plain

 

Ⅰ元との貿易

建長寺(けんちょうじ)北条高時(たかとき)が派遣 鎌倉時代末期

天龍寺(てんりゅじ)足利尊氏夢窓疎石(むそうそせき)の勧めで派遣 室町時代初頭

 後醍醐天皇の冥福を祈るため

寺院の造営・修復用の資金集めが目的

明ではなくその前の王朝である元であることに注意

 

Ⅱ明と朝鮮の建国

倭寇(わこう):鎌倉時代末期から室町時代初期にかけて活動していた海賊

 中国と朝鮮で国家が衰退していた時期だったので、海賊の活動が活発だった

室町幕府成立後に建国された国家

 中国:(みん)(1368年)

 朝鮮:朝鮮(1392年)

 

Ⅲ明との貿易

3代将軍足利義満が祖阿(そあ)と肥富(こいつみ)という使者をに派遣(1401年)

 国交を行ったのは4代足利義持(よしもち)

 貿易は朝貢(ちょうこう)形式:従属国が貢物を持った使者を相手の国に派遣する方法

 日本が明に従属する形を取って貿易をする

日明貿易勘合(かんごう)貿易とも呼ばれる

 勘合:日本の正規貿易船であることを証明する証明書

 

4代将軍足利義持朝貢形式に不満を持ち、明との貿易を中断

6代将軍足利義教(よしのり)の時代に貿易の利益を得るために貿易を再開

 

その後幕府が衰退すると、貿易の実権が有力守護大名に移る

 大内氏博多商人と結ぶ

 細川氏堺商人と結ぶ

 

寧波(にんぽー)の乱

 大内氏細川氏が貿易の権利を巡って対立

 中国の寧波で衝突する

 勝利した大内氏が貿易を独占する

 

Ⅳ朝鮮との貿易

対馬(つしま)の宗氏が仲介役となって貿易を行う

三浦(さんぽ)と漢城におかれた倭館(わかん)で貿易を行った

 三浦は朝鮮が貿易のために開いた3つの港

 主に木綿が輸入された

 

応永(おうえい)の外冦(がいこう)(1419年)

 朝鮮が倭寇の本拠地を対馬と考えて襲撃する

 朝鮮との貿易が一時中断

 

三浦の乱 16世紀

 日本人が三浦でおこした反乱

 日朝貿易が衰退する

 

琉球蝦夷地との交易

沖縄:15世紀半ばごろ尚巴志(しょうはし)によって琉球王国が建国される

中継貿易で栄えた

 中継貿易=第三国から購入した商品を別の国に販売する方法

 

北海道:アイヌと呼ばれる人々が住んでいた

 交易が盛んになるにつれて和人(本州系日本人)との衝突が増えた

 コシャマインが蜂起するが蠣崎(かきざき)によって制圧される(1457年)

 

使ってほしい参考書と問題集はこちらです

 

見てほしい記事

 

質問があればコメント欄かSNSにお願いします

友だち追加

 

勉強の相談も無料で受け付けているので気軽に連絡してくださいね